読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTOの理科的つぶやき

理科に関する疑問などを、自分なりに調べてつらつら書いていくブログ。

MENU

教育実習を終えて…

高校生時代からずっと楽しみにしていた教育実習が、今日で本当に終わってしまいました。

最高のHRクラス、最高のHR担任の先生に恵まれて、最高の3週間を過ごす事ができました。

始まる前は正直、クラスの生徒と上手くやっていけるかという不安も少しはありました。 実習が始まる前日は、楽しみな気持ちと不安な気持ちが入り混じって全然寝れませんでした。

しかし初日からそんな不安は一気に飛びました。 自己紹介と質疑応答的なことをしている中で、皆本当に人懐っこくて、素直で、活気があって、それでいて何よりクラスの仲が良いのが伝わってきました。

この3週間で、教師になる上で「生徒との信頼関係を築くこと」というのは何よりも大切であると感じました。 クラスの雰囲気が良いのは色々な要素がありますが、生徒と担任の先生が信頼し合っているということが最も大きな要因であると思います。 教科指導や進路指導、生活指導についても信頼関係があれば素直に聞くし、相談もしたいと思えます。 逆に今までの自分自身の経験として、嫌いな教師からの指導でどんなに理屈として正論であっても何も響かないことがあったりしました。

担当のHRのクラスで自分の担当授業である物理を選択している生徒は1名しかいなかったのですが、幸いなことにちょうど実習最終日は文化祭なので、その準備のために放課後に生徒と接する時間を確保することができました。 その中でも他のどの実習生よりもクラスの生徒と接してきた自信があるくらいには、生徒と接してきました。

昨日正式な実習最終日を迎え、一人一人に書いた手紙を渡し、最後に実習を振り返って感謝の言葉を述べているときに、多くの生徒が号泣していました。(自分自身が大号泣でしたが) 解散してからも「絶対良い先生になれます」「頑張って絶対に教師になってください」と泣きながら生徒が駆け寄ってきました。

そして今日、文化祭の一般公開のため最後のクラスの演劇の公演を見届けた後、帰りのSHRでサプライズの歌と色紙のボードをプレゼントされました。

これはお世辞でもなんでもなくて、今まで経験したどのクラスよりも良いクラスだと断言出来ます。 3週間という短い期間ではありましたが、多くの生徒と信頼関係を築く事ができたと言えると思います。

この他にもクラスの思い出は山ほどあるし、授業や部活のことなども無限に書きたいことはありますが、今回はこの辺にしておきます…。

この実習を通して私は、将来教師になった際にはこのクラスのような「仲間を尊重して、互いに高め合うようなクラス」を作りたいと確信しました。

また担任の先生から、「忘れかけていた前の熱い情熱を思い出させてくれた」とのありがたい言葉を頂きました。

「どこかで私を待っている、まだ見ぬ私の生徒」のために、今のこの熱い気持ちをずっとずっと忘れずにいたいと思います。

いつまでも永遠に。

広告を非表示にする