KOTOの理科的つぶやき

“知ることの楽しさ”を伝えるサイト

“KOTOって何者?”KOTOのプロフィール記事

f:id:kotosanagi:20190114095858j:plain

こんにちは!KOTOです!
このサイトに遊びに来ていただいて、本当にありがとうございます。

「知ることの楽しさ」を伝えます!をモットーに、3つの軸「理科×読書×哲学」を中心に情報発信をしています。

このページでは、私がこれまでどんな人生を送ってきたのか、どんな趣味があるのかなどなど、需要があるかはわかりませんが赤裸々に語っていきたいと思います!


ざっくり略歴

幼稚園児、皿や鍋やコップなど、あらゆる食器を回して遊ぶ。
小学生、科学館で人生最大の衝撃を受ける。詳しくは後述。
中学生、吹奏楽で全国大会に出場。しかし過去の栄光。卒業と同時に喘息にかかり、管楽器ができない体になってしまいました(笑)(笑えない)
高校生、ポケモンしかしない3年間を送る。
大学生、宇宙の勉強をする。ブログを始める。
卒業後、とある科学館でスタッフを経験。海外留学もしてみる。

そして、今はどこかの学校で、理科の先生をしています!


趣味

1番の趣味は理科や読書ですが、他にも色々あります。

レザークラフト

お財布作ったり、筆箱作ったりしてます。
f:id:kotosanagi:20190114065132j:plain

国内は夜行バスで色々巡りました。ヒッチハイクや海外留学もしました。

f:id:kotosanagi:20190114065225j:plain

お絵描き

ボールペンで、フィーリングのままによくわからない絵を描いたりします。ヘナタトゥーというボディペイント的なのもします。厨二感あって良いでしょ。

f:id:kotosanagi:20190114065314j:plain

ダンス

ストリートダンスを少しかじっていたりしました。POPというジャンルです。

f:id:kotosanagi:20190114065642p:plain

料理

安くて美味しい、ステキな食生活を送っています。需要があったら発信しようかな。

f:id:kotosanagi:20190114065531j:plain

ポケモン

最強に大好きです。好きすぎて、残りの人生の時間の全てを持っていかれそうな気がしたので、ゲーム機もろとも全て売りました笑

f:id:kotosanagi:20190114065707p:plain


とある私の”後遺症”

そんな私は10歳の時に運命に導かれて、ある科学館でプラネタリウムを観ることになりました。
私はこの日から、大きく人生が変わりました。

このプラネタリウムは「〇〇座がどうの〜、これはいつ頃に見える星座で〜」なんて、そんなヌルいものではありません。
内容はガチです。

ダークマター、ダークエネルギーについて

正直、内容のほとんどは理解できていなかったと思います。
それでもその「ワケノワカラナサ」こそが、KOTO少年の好奇心の火花を業火に変える、ガソリンとなったのです。

そして最後に、圧倒的な映像美をもって、宇宙のスケール感を体感する旅に没入させられました。
それまで“巨大で世界の全てだと思っていた”地球の姿が画面いっぱいに映し出され、そこから段々と引いて離れていきます。

地球は太陽の周りを回るちっぽけな石ころに過ぎないこと、今いる銀河系には太陽と同じような星が2000億集まっているということ、そして宇宙にはそんな銀河が2兆個以上あるということ…

巨大なハンマーで後頭部を思いきり殴られた様な衝撃を覚えました。
途方も無いスケール感の宇宙の旅を経験したのです。
あの時の衝撃は、今でもハッキリと残っています。
その後遺症として、小学校4年生の業火の好奇心のまま、大人になってしまいました。
「もっと知りたい」
この好奇心が朽ち果てることは、きっとこの先もないでしょう。


私の使命

この後遺症を持って生きる者として、この好奇心を誰かに伝えること。
つまり今まさにこの文章を読んで頂いている、「画面の前のあなた」に、好奇心を伝えること。
私の命の続く限り、これを続けることが私の目標であり、生きがいです。

このブログは、時空を超えてあなたの好奇心に火をつける装置なのです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
「タイムマシンを発明した」なんて、いかにも釣りなタイトルですが、至極真面目に書いたつもりです。
もしよければご笑覧ください。笑

ツイッターでも、発信しています。

Twitterはこちら

(フォローしてね!!(小声))

#KOTOの理科的つぶやき というタグで理科雑学ツイートをしていたり、 #KOTOの読書というタグで読書まとめツイートをしています。
ブログの更新もこちらでお知らせしています。

もしKOTOという存在に興味を持たれたら、ぜひフォローしてみてください。
リプライなどで絡んでいただけたら、とても喜びます。
それでは今後とも、ぜひよろしくお願いします…!!

koto-science.hatenablog.com